レンタカー返却の際にはガソリンスタンドの距離を確認しよう

   

レンタカーを利用することで、思いがけないほど行動範囲が広がるという体験ができます。公共交通機関を利用しても、なかなかいきつけないような山の奥や、遠方地まで出かけることが出来ます。また最近はカーナビを搭載しているレンタカーも多いことから、非常に効率的に、ほぼ迷うことなく目的地に到着することも可能です。マイカーを利用する人もいますが、自宅から目的地までの距離がある場合には、飛行機や新幹線などといった交通手段にプラスして、車を借りることで、時間的なロスもなくなり、体力を消費することなく、ドライブを楽しむことが出来ます。
車を借りる際に必要な知識と、考慮しておくべき内容を事前にチェックして、楽しく安心安全なドライブを楽しみましょう。

レンタル会社によって違う対応があります

車を借りる作業には、免許証や「現住所」及び「ご本人確認」ができる書類を必要とする店が多いです。また予約方法に関しては、電話やインターネットでの予約など方法も様々です。自分が利用したいと考えている日程や、またこだわりの車種がある場合には、できるだけ早めに予約をすることがオススメとなります。
また、レンタルの時間ぎりぎりで返却をする場合には、先にガソリンスタンドが併設されている店舗かどうかの確認をしておくとよいでしょう。レンタル会社の店舗によっては、ガソリンスタンドが併設されている便利な店舗もあります。しかし、一般的にはガソリンスタンドを探して給油をする必要があるというように考えておくべきです。

レンタルする時に、事前にスタンドの位置を確認しておこう

ガソリン満タンで車を返却する必要がある場合には、レンタルする際に店舗の近くのスタンドが書いてある地図などを渡してくれるようなレンタル会社もあります。出発する際には、帰りのことだからとあまり重要視していない人も少なくありませんが、やはり事前にしっかりと準備しておくという事が大切と言えます。
また、カーナビに登録しておくなど、事前にスタンドの位置を確認して、準備をしておくことで返却の際にあわてずに済みます。返却の際に気が付いて、来た道を戻るという作業をしないためにも、できるだけカーナビに組み込んでおいて、目的地に経由で登録をしておくと忘れずに、スムーズな返却を行えるという事にもつながります。
急いでいる時には、店舗と距離が遠いスタンドまで行くのはとても大変ですので、できるだけ店舗に近いスタンドを調べておきましょう。