レンタカーの利用ポイントとガソリンスタンドでの指定ガソリン

   

レンタカーを返す前にはガソリンスタンドで指定のガソリンを満タン、もしくは使用した分を給油するのが基本となります。ガソリンにはレギュラーやハイオクなどの種類があるわけですが、スタンドがセルフタイプの場合には必ず指定のものを利用する事が大切です。仮に、ハイオクで動く自動車にレギュラーを入れた場合、異常燃焼が起きる、ノッキングが発生する事でエンジン系統にダメージを与えてしまうなど注意が必要です。給湯口のキャップにはガソリンの種類が明記してあるため、確認を行ってから正しいガソリンを入れるようにしましょう。
尚、車を借りる時には車種に関する情報を受け取る事になるので、その情報の中にガソリンについての情報も明記してあります。ちなみに、レギュラーで動く自動車にハイオクを入れても特別な問題はないと言われています。

国産の軽自動車にはディーゼルエンジンは搭載してありません

車の知識を持つ人やマイカーを所有している人であれば、自分が乗っている車に使えるガソリンの油種を把握しているかと思われますが、たまにレンタカーを利用する場合には指定のガソリンがどのようなものなのか知らない人も多いのではないでしょうか。エンジンにはガソリンおよびディーゼルの2種類がありますが、借りた車が軽自動車などの場合はガソリンエンジンです。これは国産の軽自動車にはディーゼルエンジンが搭載されていないためです。
また、ガソリンエンジンに使う油種にはハイオクやレギュラーなどの種類がありますが、油種が分からない時にはガソリンスタンドの店員に分からない事を伝えれば、給油口のキャップを開けると油種の記載があるため、店員さんに任せてしまうのがお勧めです。

お得にレンタカーを利用するコツ

車を頻繁にレンタルする方であれば、少しでも費用を抑えたいと思うものです。
費用を安くしたいのであれば、格安の業者を選ぶべきでしょう。まら、会員制度が設けられている場合は、そういった制度を利用することをオススメします。利用回数によってクーポンなどの特典をもらうことができたり、会員限定の価格でサービスを利用できます。最近では登録手続きがネットで簡単に行うことができますので、手間もそれほどかかりません。
また、店舗や期間によっては、キャンペーンをやっていることがありますので、それらを合わせて活用すると良いでしょう。